医療脱毛と永久脱毛の関係

はじめての永久脱毛に失敗しないために!

レーザーや光脱毛は歴史が浅くて「まだ永久ではない」と言われていますが、
多くの人が脱毛後に全然生えてこないという人もたくさんいます。

 

まずここは勘違いしないで欲しいのが、永久脱毛かどうかはまだデータがそこまでなく、
数十年先までの結果がわかっていないということです。

 

永久脱毛として認められているのは、ニードル脱毛。

 

脱毛サロンでも「電気脱毛」がほぼ永久脱毛と言われていますが、痛みが強かったり
高額だったりというデメリットもあります。

 

ニードル脱毛は永久脱毛効果が高いと言われていますが、永久脱毛としての効果が高い
ですが、デメリットがたくさんあります。

 

《デメリット》
・施術する人の技術力によって効果の差がある
・施術する人の技術力によって痛さの差がある
・料金が高い
・時間がかかる
・毛穴に針を通すので肌トラブルが起きることもある

 

毛穴に針というだけで「怖い」と思う人もいると思いますが、それだけ痛みがあり、技術力に
よってその痛みも倍増します。

 

そのため、脱毛サロン入門書では脱毛効果が高いため、ニードル脱毛をしようと思うのであれば、
技術と経験と資格の3つが揃った方に施術をしてもらうことをオススメします。

 

 

でも料金が高いから・・・と言うのであれば、レーザーや光脱毛を考えても良いと思います。

 

医療レーザーは出力が高く、肌によっては施術が受けられないかもしれませんが、光脱毛は
アトピーや中高年でも使用ができ、肌もキレイになると言われています。

 

出力がレーザー>光なので、それなりに通い続けなくてはいけないかもしれませんが、
ランキングなどで上位の脱毛サロンはお得なコースやプランがあり、通い放題などもあるため、
しっかり通えば、それなりにきちんとした効果が実感できます。

 

 

脱毛をするうえで大切なのは、まずはそれぞれの脱毛法に知識をもち、理解をすること

 

そのうえで「費用」「効果」「痛み」「時間」を比較して、自分にあったものを選ぶようにしてください。

 

未成年の脱毛とホルモンの関係

 

最近は未成年でも脱毛サロンやエステに通うと言った事も珍しくなくなりました。
小学生であっても、ムダ毛が気になってストレスを感じるので脱毛したいと言うのです。

 

お店によっては小学生でも施術可能なところもありますが、基本的にはあまりお勧めはできないようです。

 

ムダ毛が生えることはホルモンと関係があり、ホルモンの分泌が安定していない成長期の子供に脱毛の施術をして、
その時は完了してきれいになったように見えても、結局はまだ生えてくるようになる事もあるのだそうです。

 

せっかくきれいなったと喜んでも、また生えてきてしまったらさぞかしショックだと思います。

 

ですから、大人の体になりきるまでは待った方がよいのですが、
そうすると放ってはおけないので何らかの方法で自己処理しなくてはなりません。

 

できるだけ肌にストレスを与えないよう、保護者が注意してあげるのが大切です。

 

なるべくなら、服に隠れて肌が見えない季節は生えたまま放置しておきたいものですが、

 

子供もオシャレになっているので難しいようで、
小さいうちから神経を使うのはちょっと可哀そうな気もします。

 

 

 

沖縄で脱毛サロンをお探しならこちらをチェック!

 

沖縄で話題の脱毛サロンを一気に紹介しています。
詳しくは「沖縄脱毛めんそーれ」をご覧ください!
URL→http://www.nadiasrestaurant.com/